わしの家

浅はかで裏を取ってない知識と意見を惜しげもなく展開したい

Raspberry piを無線しかない中でなんとかする

お盆から今まではポケモンXにはまり、パワプロ2016にはまり
とにかく休日が忙しく更新から遠ざかりました。

今はちょうど開発合宿というどちらも持ち合わせない環境なので、更新できそうです。

とりあえず今回の課題は掲題の通り。
今まで挫折しまくってたことをしてます。

なぜ失敗していたか?とその対策をお伝えします。

無線しかない環境で動かそう。
私は特に家で昔から全然作業のできない男で、
中学校は3年の後半は塾に、高校は3年の間は予備校に、
空き教室をお借りして、希望の学校を捕まえ続けてきました。
大学の試験は、友人の家での一夜漬け。
こういう習慣がついてると、会社に入っても家でハイパー無能なのは自明で
かといってカフェ。。うーん、自分がちょっとカフェでコーヒー飲みたいとき
大学生お友達集団がコーヒー一杯でゲラゲラ笑いながら、勉強してたら邪魔だしなぁー。
自分が作業する側だと、コスパの悪い客になるのがやだなぁ。
図書館などもチャレンジしましたが、今度は近所の図書館だと
なんか妙に集中しづらさがある。
長い前置きで結局みんなでもくもく作業する会などがベストな環境とわかりましたが
今度そういう会では無線環境しかないということが多い。
ということはRaspberry Piが一生できない!!!(思い込み)
そんなわけで無線環境で実行できる方法を試行錯誤することが一番大事だと思いました。


最近のRaspberry Pi3はWi-FiBluetoothなどが悠々操作できると
どこかしらの情報で得ましたが、手持ちはRaspberry Pi初代です。

こうなると、1から準備をしなくてはいけない。

まずは無線にどう繋ぐかですが、
普通に検索して出てきたのが、USB端子に無線ドングルを刺して使う方法です。

無線ドングルがなかったので、適当に購入。

しかし、/etc/network/interfacesなどを適当にいじったりしても、
適応するものとうまくいかないタイプなどの種類があることが判明。

改めて買い直し。うまくいくよ、と書いてあったのはPLANEXの提供してる無線ドングルとのこと。
何かあるとよくないからとapt-getなどを有線環境下で実施。
そこで残念なお知らせ、4GBのSDでは容量がいっぱいとのお知らせ。

別途8GBのSDカードを買い直し。
それぞれ買い物は安いですがじわじわ値上がりしてきた。
出先で実験したいときに、電源を取るためのUSB-MicroUSBケーブルもコンビニ価格で
買うという無駄遣いなども相まって。

そして再度トライしたものの、またうまくいかない。
何がよくないか?不明になり色々チャレンジ。
ドライバは?→インストール不要と表示。
一回有線でコンフィギュレーションしなきゃいけない→有線でうまくいっても無線だと❌
何か必要なものがインストールされてない→色々追加したけどダメ。

色々やった挙句、無線で繋ぎ直してapt-get updateしてわかりました。

あれ?
すげーたまーにつないでる?

Raspberry Piでの無線ドングル使用は電力を食うから、等の原因で、
つながりづらいとの記事。
にしてもほとんどエラーが起きるからこれはもう繋がりづらいというより
繋がってないと断定して良いレベル。

結論;よし!無線ドングル作戦は諦めよう!

今いる開発合宿ではなんとディスプレイ、USB-LANケーブル、イーサネットケーブル、
場所によって有線環境、HDMIケーブル、プロジェクタなど
作業するときに準備不足な私にとっていたれりつくせりな環境でした。
なんかステマ感漂うなw

この中の道具を用いて接続する方法が一個ありました。

手持ちのMacRaspberry PiをUSB-LANケーブルとイーサネットケーブルで接続すればいけんじゃね?


いけました!

とっても簡単。

直接物理的につないで、共有からインターネット共有、
Wi-Fiを共有でUSB-LANアダプタを選択して
あとは、一度MacWi-Fiを落としたうえで、arp -aすれば
接続すべき、IPアドレスがわかる。

ちょっと共有欄でUSB-LANアダプタが表示されなくて焦りましたが、
ドライバを落とせば良いだけでした。

今まで手持ちのRaspberry Piを動かすためには
ディスプレイ、有線環境、キーボードなどが必要な
え!結局小型のデバイスの意味は!?ってなるフルセットが必要でしたが
これからはその必要もなさそう♪

、、と
爽やかに書いたものの
問題の放置をしすぎて結局解決に1年くらいかかってしまいましたw